リアルタイムPCR用サーマルサイクラー

リアルタイムPCRは蛍光物質を用いることにより、DNAの増幅をリアルタイムで観察することができます。そこから元サンプルに存在するDNA量を定量することができます。本研究室では、mRNAをcDNAに逆転写することによる遺伝子発現量の定量、また寄生虫やウイルスの定量に用いられています。