体表粘液の微生物叢魚類体表粘液中のマイクロフローラに関する研究

魚類の体表には粘液があります.粘液の役割は,主に物理(擦れ),化学(pHなどの変化),生物(病原体の侵入)的な障害から魚類を守る役割があると言われています.粘液には,抗体,タンパク質分解酵素,ライソザイムなどが含まれており,病原体の侵入を防いでいると考えられています.しかし,我々の研究結果からヒラメやトラフグの粘液中には,一年中,数多くの細菌が存在していることが明らかになってきました.そこで,体表粘液に存在する細菌と宿主魚類の相互作用を多様な側面から研究しています.