北村 真一(准教授)

北村 真一(准教授)

仕事内容:養殖場および水族館で発生する魚介類の感染症を制御すること。

一言:広島東洋カープの日本一をみたい。

生年月日:昭和49年4月27日

出身:兵庫県宝塚市

略歴:1993年,兵庫県立宝塚高校卒業,1997年,福井県立大学生物資源学部海洋生物資源学科卒業.1999年,高知大学大学院農学研究科栽培漁業学専攻修了,農学修士.同年,株式会社 微生物化学研究所入社.2001年から愛媛大学沿岸環境科学研究センター研究支援推進員.2003年,北海道大学大学院水産科学研究科にて論文博士,博士(水産科学).同年9月から韓国国立麗水大学校(現韓国国立全南大学校)にて招聘教授.2006年から現職.福井県立大学非常勤講師(2006年-)、東京農工大学非常勤講師(2009年)、琉球大学非常勤講師(2021).
専門は,魚介類の感染症
・Journal of Fish Pathology編集員
・愛媛県消費・安全対策交付金外部評価委員(平成25年〜)
・宮城県水産技術総合センター研究指導員(平成26年〜)
・大分県農林水産試験研究アドバイザー(令和2年〜)
・愛媛県愛南町養殖魚類防疫体制整備協議会 プログラム作成委員(令和3年〜)

所属学会:日本魚病学会,韓国魚病学会

受賞:令和元年度日本魚病学会研究奨励賞「養殖ヒラメのウイルス病・原虫病対策に関する研究」

趣味は,鯉鑑賞(カープの応援)・テニス・釣り・昆虫採集など