総説等

  1. 鈴木 剛,仲山 慶,前川文彦,Nguyen Minh Tue,木村栄輝,道中智恵子,松神秀徳,橋本俊次.2018.臭素系ダイオキシン類の毒性評価と排出実態調査—現状と今後の展開—.廃棄物資源循環学会誌,29,470–481.
  2. 仲山 慶.2011.合成ステロイド剤の環境影響に対する懸念.ファルマシア,47,1166–1167.
  3. Nakayama K, Oshima Y. 2008. Adverse effects of tributyltin on reproduction of Japanese medaka, Oryzias latipes. Coastal Marine Science, 32, 67–76.
    http://doi.org/10.15083/00040716
  4. 仲山 慶2006.トキシコゲノミクスによるPOPs等有害化学物質の生体影響評価.環境毒性学会誌,981-86.
    https://doi.org/10.11403/jset.9.81
  5. 大嶋雄治,井上 英,島崎洋平,仲山 慶,本城凡夫.2003.沿岸域におけるトリブチルスズ汚染の現状と魚介類への影響.海洋と生物,第25巻,第1号,11-14.
  6. 大嶋雄治,Kukuh Nirmala,横田佳子,島崎洋平,井上 英,仲山 慶,今田信良,本城凡夫,小林邦男.1999.トリブチルスズ(TBT)の魚類血液への蓄積とTBT-PCB複合汚染による産卵・ふ化への影響.日本海水学会誌,第53巻,第4号,224-228.
  7. 平松和昭,仲山 慶,大嶋雄治,四ヶ所四男美,本城凡夫.2002.メダカの行動解析によるバイオモニタリングの試み.応用水文15, 88-95.